STAFF BLOG


オーガニックコットンとは ジムの考えるSDGs

SDGs

オーガニックコットンは普通のコットンよりも柔らかくて、肌にも優しい…。
と思っている人が多いのですが、実は誤解なんです。残念なのですが…。嘘はつけません。

イメージが先行してしまっている「オーガニックコットン」について少し紹介させて頂きます。

オーガニックコットンって?

 

通常の綿とオーガニックコットンの違いは【農薬】や【化学肥料】が関係してくるんです。2年から3年以上農薬や化学肥料を使っていない農場で作られた綿をオーガニックコットンと言います。もちろん栽培に使われる農薬や肥料は厳格な基準を守り、育てられた綿花がオーガニックコットンなのです。

 

化学肥料と農薬事情

綿花を作る農場のほとんどは広大な土地で栽培される事が多く、すなわち使われる農薬もかなりの量が使われます。麻などに比べると綿花は害虫に弱い性質を持ちます。害虫駆除や雑草の処理に農薬は使われます。また、手早く収穫をするために枯葉剤なども使用します。このような化学物質によって

 

土壌は痩せ、地下水を汚染させ、農家の人々の健康に害を与える

だって生きている虫が死んでしまったり、青々を育った草が枯れてしまう程の効き目なんですから農薬などの化学物質のパワーは相当なものだと判断できますよね。
作り手の農家さんが健康である事、すなわちそれが長期にわたって持続可能な農業(サスティナブル)が可能になるのです。

つまりオーガニックコットンは作り手である農家さんと環境(地球)を守る為の大事な運動なのです。

 

オーガニックコットンは肌に優しい。は誤解

 

農薬を使ってないから綿が柔らかくて肌に優しい…。というイメージですよね。オーガニックコットンは肌に優しいわけでも、特別柔らかいというわけでもないんです。だって綿花の品質は変わらないわけですから。
となると、気になるのが普通栽培の綿に付いている農薬って身体に影響が出てくるのでは?と思った方、大丈夫です。通常栽培の綿に残る農薬はとても少なくオーガニックコットンと大差が無いそうです。ですから科学的なテストを行ってもオーガニックコットンか普通栽培の綿か見極める事は不可能との事です。

 

じゃあ、普通栽培の綿をオーガニックコットンと言ってもバレないんじゃない?

そう思いますよね。ここで重要になってくるのが「認証機関」と呼ばれる第3者機関なのです。第3者機関はユーザーに公平なジャッジを下す事が出来ます。利害関係が無いですから。

・このオーガニックコットン製品は株式会社ジムの基準をクリアしました。
・このオーガニックコットン製品は第3者機関の基準をクリアしました。

悲しいけれど、下の方を選びますよね。gimのルール?って言われてもなんだか曖昧だし、すごくゆるい基準だったら…という印象があります。ただ、弊社が基準を設けるとしたら…多分えげつなく高い基準になる事は間違い無いですね。原宿で半世紀以上メンズニット一筋でやってきているメーカーですから。何か問題があったら大変ですから。

 

第3者機関のオーガニック認証とは

 

まずオーガニックコットンを作ると宣言した農家さんは、土壌作りから始まります。禁止されている農薬類を一切使わず、2年から3年以上オーガニック農産物を生産。実績を経てやっとオーガニックコットンを作る【為の】土壌が完成します。まだオーガニックコットンを作っていないのに、こんなに大変なんですね。。。
それぞれの国や地域が定めたオーガニック農産物などの生産方法についての基準が使われます。若干の違い(制約や規制など)はありますが、基本は環境に負荷をかけない製造方法についての道しるべなのです。
実際に畑をチェックしたり、どのような栽培方法なのかを調べて基準に沿っているかを確認します。土壌の認証が終わっても気が抜けませんね。毎年専門の検査員が農場へ訪問。ちゃんと基準を守っているか管理しています。だからオーガニックコットンは、いつどこで採れた綿かわかるのです。

 

『知りたいSDGs』に代表の八木原が出演

 

弊社代表の八木原が2020年4月9日放送の BSフジ『知りたい!SDGs』の取材を受けました。SDGsの12番目の目標である『つくる責任つかう責任』をテーマに、ジムのオーガニックコットン製品についての取材でした。実はジムは創業当初より地球環境について考える企業でありたいと企業理念にも掲げております。

株式会社ジムは地球環境を考える企業として、環境と人との調和を目指し、環境に配慮した商品を、企画、開発、販売をして社会に貢献します。

半世紀以上前から地球環境を想い、オーガニックコットンを前向きに使用して参りました。そしてメイドインジャパン。日本生産にこだわり紡績から工場、販売先から手に取って頂けるユーザーの方々まで、地球環境に少しでも関わっていけるようにと心がけておりました。ニットで主に使う原料はウール(羊)とコットン(綿)。共に地球が元気でなくてはニットの原料を得る事が出来ません。ニットメーカーとして環境に配慮するのは実は当然の事なのです。

ジムはオーガニックコットン製品を通じてSDGs宣言させて頂きました。これはニットメーカーとして、またアパレルに関わる企業として重要な意味があると考えております。

その事が実を結び、今回取材を頂けた事は、大変ありがたく、また広く弊社の活動を紹介出来たと思っております。

まとめ

オーガニックコットンってちょっとお高いよね?と思っていた方も、こだわりの農法で作られている事を理解頂ければ、少しは納得頂けるのではないでしょうか?
オーガニックコットンの製品を使う事。それが実は地球環境に優しい事をしているのです。社会貢献にもなります。ぜひ手に取って頂ければ嬉しいです。